ベビー用品を揃えよう!最適なベビー服の見つけ方

お肌の弱い赤ちゃんの為に、優しい素材のベビー用品を選ぶ

ベビー用品を揃えよう!最適なベビー服の見つけ方

赤ちゃん用品

ベビー服の種類について

はじめての赤ちゃんを授かったパパ・ママにとって、ベビー用品を揃えるのは幸せな時間ですね。
しかし、ベビー服の種類には聞きなれない単語が多く、サイズ選びや産まれる季節によってどんな服を揃えればいいのか迷ってしまうパパ・ママも多いのではないかと思います。
出生から生後3か月くらいまでの新生児期の赤ちゃんにぴったりな、ベビー服の種類・選び方についてご紹介します。

ベビー服によく使用されている素材とは?

繊細なお肌に直接触れる肌着やウェアは、必ず綿100%のものを選びましょう。
ガーゼ生地や天竺生地は薄手で通気性に優れているので、肌に直接触れる肌着や、春夏産まれの赤ちゃんのウェアに最適です。
秋冬生まれの赤ちゃんのウェアには、もう少し厚手のスムース生地やパイル生地のものがよいでしょう。外出時にはフリースやニット生地の上着を着せて寒さから守ってあげてください。

新生児におすすめのベビー服

基本的に首座りまでは、前開きのベビー服を着せてあげましょう。
肌着は腰上までの長さの短肌着、足先まで覆える長肌着やコンビ肌着がおすすめです。
ウェアは前開きかつ上下がつながっているものを選びます。
足が動かないうちは、ワンピースのような形のベビードレスがおむつ替えを楽にしてくれます。
足がバタバタ動くようになったら二股に分かれているロンパースがおすすめです。
ベビードレスにもロンパースにもなる、ツーウェイオールという服もあります。

ベビー服の選び方

ブランドにもよりますが、ベビー服のサイズは50から展開されています。50の服は出生体重によってはすぐに着られなくなってしまう可能性が高いので、60もしくは50~60と表記されているものがよいでしょう。
足元を二股に出来ないタイプの服(長肌着やドレスオール)は、赤ちゃんが少しでも動けるようになるとすぐはだけてしまうので、コンビ肌着やツーウェイオールが長く使えます。

ベビー用品を購入する時に気をつけるポイント

ネットや雑誌を見ていると「あれもこれも」と思ってしまいますが、基本的には「必要と思ったら買う」ことで無駄な出費を防ぐことができます。
ベビー用品はほぼすべてのものがドラッグストアやネット通販で簡単に手に入るので、おさがり等もうまく活用して買い過ぎないようにしましょう。

ベビー用品を揃える前に知っておきたいよくある質問

ベビーベッドは必要ですか?

ペットがいる場合や、他に小さな子供がいる場合は赤ちゃんを守るという意味で使用した方がよいでしょう。
迷っている場合はいきなり購入せず、必要と感じた時にレンタルするという方法もあります。

粉ミルクは用意した方がいいですか?

完全母乳の場合は粉ミルクは必要ないので購入する必要はありませんが、十分な量の母乳が出るかは産んでみないと分かりません。
また、粉ミルクの種類によって赤ちゃんが受け付けない場合もあるので、ベビー用品店でサンプル品を少量貰っておいて、大量の粉ミルクは必要になったときに購入しましょう。

里帰り出産の場合の揃え方のコツは?

ドラッグストアでも買えるもの(オムツ関連、ミルク関連など)は荷物になってしまうので里帰り先で購入しましょう。
しかし里帰りするころにはおなかも大きく、緊急で入院・出産となることも。
ベビー服などママがこだわって選びたいものはお腹が大きくなり過ぎない里帰り前に少しずつ楽しみながら揃えるとよいですよ。

広告募集中