季節に応じたベビー用品を購入することがポイント

子育てに欠かせないベビー用品とは?

ベビー服、おむつ用品、ねんねグッズ、お出かけグッズ、お風呂グッズ、おもちゃなど、
子育てをしていく上で必要なベビー用品はたくさんあります。
その中で日常で欠かせないのは抱っこ紐です。
赤ちゃんが生まれてから、抱っこ紐を使わない日は無いのではないでしょうか。
お出かけの際は、どこでもベビーカーが使用できるわけはないので必ず抱っこ紐も持ち歩きます。
また外出時だけでなく、自宅の中でも非常に役立ちます。
抱っこ紐があれば、赤ちゃんの相手をしながら両手が空くので家事したり、長時間泣きぐずって抱っこに疲れた時に使えてママの行動の幅が広がります。家事と育児をこなす忙しい毎日の中で欠かせない便利アイテムです。

購入するタイミングを確認!ベビー用品の特徴

おむつとぬいぐるみ

ベビー用品を購入するタイミング

ベビー用品は月齢や生まれた季節、また赤ちゃんの性格によって必要なものが異なります。
最低限のベビー服、おむつ用品、沐浴グッズ、ママが使う円座クッションや授乳クッションは退院直後から使用するので、生まれる前に揃えておかなくてはなりません。
しかし、それ以外のおでかけグッズなどは赤ちゃんの成長を見ながら購入しても遅くはありません。
例えば、夏生まれの赤ちゃんに張り切って服をたくさん買っても、新生児期は外出も少なく家の中に居る時は肌着だけで過ごすことが多いです。結果、お出かけをする頃にはもう秋になり体も成長して着られなくなってしまいます。
またベビーベッドなども、置いたり、離れるとすぐに泣いてしまう赤ちゃんだと同じ布団で添い寝して使わなくなることも。
ベビー用品はどれも通販などですぐ手に入るので、生まれた赤ちゃんと実際生活してみてから購入しても遅くありません。

おすすめのベビー用品について

おすすめのベビー用品はエルゴベビー最新作の「エルゴアダプト」です。
エルゴベビーは日本の抱っこ紐シェア50%を占めています。
エルゴアダプトはこれまで新生児から使用する際に必要だったインサートというクッションが不要でそのまま使えます。
インサートは付けるのが難しい、別売りなので新生児しか使えないうちに買うのはもったいない、などのデメリットがすべて解決します。
また、2017年6月に新しくメッシュデザインが発売されました。夏はどうしてもママと赤ちゃんが密着して蒸れてしまったり、汗ばんで赤ちゃんの肌が荒れてしまうことも。夏生まれの赤ちゃんにはぴったりのデザインです。
値段に関して、最新と比べると古いモデルは安く売られていますが新生児から使用する場合、別売りのインサートを買うと結局値段が変わらないので、最新のエルゴアダプトを買うことをおすすめします。
エルゴアダプト一本あれば、新生児から3歳ごろ(体重20Kg)まで長く使えます。抱っこ紐は赤ちゃんの安全のためにも良いものを選びましょう。

店舗販売と通販の違いを比較しよう

偽物に注意!定価より安すぎる商品は危険。

ベビー用品の購入に通販を利用する際、気をつけて欲しいのは偽物の購入です。
例えば、抱っこ紐のエルゴの商品は人気が高いため通販で6割近くの偽物が出回っています。
これらは正規の値段よりも安く売られており、見た目では判断できないほど巧妙に作られています。
しかし、実際使用してみると本物とは全く違います。
ボタンの位置が数ミリずれていることで赤ちゃんをうまく固定できなかったり、
縫い目が荒く、すぐにほつれてしまったり。最悪の場合、赤ちゃんを落としてしまう事故も発生しています。
実際、通販の方が便利で安く購入できる商品も多いですが、偽物が多いの事実です。
通販の利用する場合は、偽物に注意しメーカー指定の正規代理店から購入しましょう。

赤ちゃんの身を預けるものは必ず試着を。

試着が必要な抱っこ紐やベビーカーなどは、大型ベビー用品専門店で購入するのがおすすめです。
抱っこ紐やベビーカーを使用したことがない人は、まず装着したり組み立てるところからわかりませんよね。
店員さんが商品説明と一緒にレクチャーしてくれるので、実際に赤ちゃんに使用するときもあせらずに済みます。
それぞれの商品の競合メーカーをその場で比較できるのもメリットです。
赤ちゃんの身を預ける、抱っこ紐、ベビーカーやチャイルドシートは、高額でもあります。
実際に触って使い心地を確認し、納得いくものを購入しましょう。

計画的に揃えることが大事

子供が生まれると、ベビー用品だけでなく出産費用などの医療費や学資保険など出費が増えます。
そして赤ちゃんはすぐに成長し、月齢によって必要なものが異なります。
購入のタイミングや生活スタイルに合わなければ、せっかく買ったのに使わなかったなんてことも。
少しでも節約や無駄を防ぐために、計画的にその時に必要なものを賢く揃えていくことが大切です。

新着情報

広告募集中